輸入食材やスパイスが日本の食文化を変える

   

素材の持つ風味そのものを楽しむ日本料理は繊細かつ上品でそれでいて淡泊、それが日本料理の良さでもあります。しかし近年は国際化の波が食文化にも押し寄せ、その結果、日本人の味覚にも変化が生じています。テレビ番組やインターネットで世界の食事情が頻繁に紹介され、エキゾチックな未知の味に関心が寄せられています。さらに世界中のありとあらゆる食材やスパイスが輸入されて日本に居ながら多種多様な料理を食べられるようになり、身をもって日本料理との明確な違いを感じることができます。そもそも日本人は他国の文化をさほど抵抗なく受容する傾向にあり、新しい価値観を受け入れて自分たちの中に取り込んでいく日本人にとって、珍しい食材を使ったスパイスの効いている外国の食事は刺激的な興味の対象となっています。

料理を引き立てる香りの要素

他国の料理と比較して、日本料理に決定的に足りないものは香りです。ヨーロッパやアジアなど世界各国の料理では、ハーブやスパイスをふんだんに使用しているものが多いです。では日本料理はというと、シソや木の芽などはハーブ感覚で多少利用されていたもののスパイスはほとんど使われていません。新鮮な海や山の幸に恵まれ食材本来の味を引き出すのを重視してきた日本料理にとってわざわざ香りをプラスする必要はなく、せいぜいショウガや柑橘類で十分に間に合っていました。しかし現代の日本人は、スパイスでの香り付けによって素材の良さがより引き立ち料理全体の味がくっきりと立体的になるということに気が付き、その魅力に目覚め始めています。実際、自宅で本場と同じ味を再現したいと考える料理愛好家は急増中です。

本格的な異国料理を家庭の食卓で

日々の家庭料理に変化をつけたいと考えている人にとって、香り高いスパイスは非常に有効なアイテムであり心強い味方です。しかし日本料理はそもそも香りの概念が希薄だったために栽培している農家もほとんどなく、輸入品に頼らなくてはならないのが現状です。食品は全て国産にこだわっている人もいますが、それでは作れる料理が限定されてしまい楽しみが減ってしまいます。逆に輸入された食品を手に入れるのは、外国の食文化に直に触れる絶好の機会でもあります。雑誌やインターネットなどで様々なスパイスとそれを使った料理が紹介されていますので、その特徴を調べて積極的に活用し、家庭の食卓で新しい香りと味わいを体感しつつ他国の文化に対する理解を深めてみてはいかがでしょうか。

海外のおしゃれな食品や気になるけど、使い方がわからない食品などのレシピなども掲載しているのでご利用ください。 ガレオンのオンラインショップでは単品購入からケース購入まで行えるので欲しい数だけ購入できます。 ガレオンでは様々な海外の食品を使ったレシピを公開しています。 旅先で出会った忘れられない味や、ワクワク感など、海外の食品をいつも近く日常に取り入れられるようご用意しています。 本格スパイスなら直輸入食品のGALLEON