東京で人気のバーチャルオフィスランキング

総合ランキング

株式会社Karigo
オススメ度★★★★★
ワンストップビジネスセンター
オススメ度★★★★☆
MIXER
オススメ度★★★★☆

利便性の高いバーチャルオフィスを利用する意味

自分達で、オフィスを構える時代は終わり、バーチャルオフィスを活用する企業が増えています。空間をシェアすることで、コスト削減に繋がることや東京駅なから近いオフィスであっても、シェアすることで使うことができます。

このランキングは、近場の駅など交通の利便性を重視した、バーチャルオフィスです。常に業務を行う場所によって、選べます。普通の家賃では、オフィスをかまえるのが難しい立地でも、実現することが可能になります。

常にオフィスとしてシェアするだけではなく、会議をする際に借りることもできます。大きくゆったりとした空間で、集中して会議を行うことで、普段は中々出てこないような突拍子のないアイデアが出てくるかもしれません。気分を変えたり、研修目的などで使用することもできます。また、地方の会社が、一時的に都会で仕事をする際にも活躍します。

株式会社Karigo

株式会社Karigoのバーチャルオフィスを活用することで、起業、独立、SOHOの拠点として自分の会社の活動の幅を広げていくことができます。こちらの企業のサービスには様々なプランがあり、住所貸しだけではなく、FAXや電話転送や荷物受け取り代行等、利用者の要望に合わせて対応できるところが魅力です。。

また、バーチャルオフィスがあることでホームページ上に住所や連絡先を載せることができ、会社としての評価や印象が大きく変わることが見込めます。

ビジネスの幅を広げようと考えたときに、バーチャルオフィスを利用し、地方拠点として利用することもできます。実際には電話・荷物転送サービスを利用すれば何の問題もなく支店として利用することができます。実際にオフィスを借りて行うより格安のお値段でオフィスの名義を持つことができるので起業したばかりで資金の少ない方などにはオススメです。

バーチャルオフィスならKarigo

ワンストップビジネスセンター

ワンストップビジネスセンターはバーチャルオフィスなどのサービスを提供している会社です。全国23店舗で展開をしています。東京都内は青山本店や表参道、六本木などの賑わっている場所をメインに、他にも大阪府内や神奈川、北海道などにも展開しています。

低価格でサービスを提供する事をモットーとしていて、月額4800円からバーチャルオフィスを持つ事が出来ます。もちろん郵便物の転送サービスもコミコミとなっています。また、このバーチャルオフィスの住所利用も可能で、法人登記に使う事も出来ます。

プランは数種類あって、4800円のエコノミープラン、電話転送や共用ファックスが使用可能で月8900円のビジネスプラン、さらに電話秘書代行サービスのついたプレミアムプランもあり、こちらの価格は月14800円となっています。

MIXER

MIXERの利点は、中央区日本橋という好立地に始まります。周囲には9つもの路線がオフィスを囲むように走っているので、ビジネスチャンスの時にも機動力を妨げることがありません。特に営業系やクリエイティブ系など、行動力を必要とする職種で強みが発揮されます。

MIXERには、2つのバーチャルオフィス環境が用意されています。1つは自分専用のデスクが持てるマイデスクプランで、しっかりとビジネス環境を構築することができます。もう1つが、フリーデスクプランで価格のリーズナブルさに加えて、気分や雰囲気で場所を自由に変更できるスタイルです。

最大のメリットは、隣接している会議施設かも知れません。コミュニケーションが必要になった時や方向性を検討したい時など、いつもと違う会議室に場所を変えることで進展することもあります。予約制で利用できるのでオススメです。

シェアル

株式会社ゲートウェイが運営する「シェアル日本橋」は、日本橋で低価格でバーチャルオフィスを借りることができるサービスを提供しています。提供しているプランは多彩にありますので、あらゆるニーズに対応しています。

長期間だけでなく短期間からの契約も可能となっています。最短で1ヶ月からバーチャルオフィスを借りられます。ワークスタイルごとに短期間から長期間まで対応可能となっていますので、とても柔軟に利用することができます。

「シェアル日本橋」では、ビジネス目的のためのバーチャルオフィスとしてではなく、いわば自習室目的でもバーチャルオフィスを借りることができます。図書館の代わりの自習室として使って、資格の勉強に利用することが可能です。

リージャス日本

リージャス日本では、国内外の3,000拠点を住所として利用できるバーチャルオフィスを扱っています。今の世の中では、物件を借りずにできる仕事がたくさんありますので、利用者は多いのではないかと考えられます。

リージャス日本のバーチャルオフィスには、様々なサービスがあります。それは、郵便物を受け取り、転送してくれるサービスであったり、専用の電話番号を用意してもらい、電話対応をしてもらうことができるようなサービスなどです。

他にも様々なサービスがあり、とても利用しやすいのではないでしょうか。渋谷グラスシティをオフィスとして構えることもできますので、良い会社経営ができるのではないでしょうか。

METSオフィス

「METSオフィス」は、東京都内でバーチャルオフィスを借りたい方にとってはまさに便利な所であります。東京都一等地でオフィスを構えたい事業主にとっては、格安の料金でバーチャルオフィスを借りることができます。

「METSオフィス」はバーチャルオフィスを提供するにあたって、自社所有のビルでバーチャルオフィスを運営しています。バーチャルオフィスのフロアを転貸するような他社とは異なり、自社ビルでバーチャルオフィスのサービスを運営することでそのコストが安くすることができます。

「METSオフィス」のバーチャルオフィスを借りるにあたり、月額2700円から借りることができます。かなり安い金額で東京都の一等地にバーチャルオフィスを借りることができます。東京都一等地のオフィスの費用を節約したい事業主には、とても向いてます。

バーチャルオフィスを東京都内で探す際のアドバイス

バーチャルオフィスは、ビジネスをし始める際にはとても便利なサービスとなります。また、ビジネスを東京都内のしかも一等地でオフィスを構えようとするならば、かなり初期費用がかかってしまいます。ビジネスをし始める方にとっては、それは経済的にかなり厳しくなります。
そこで、同都内の一等地にオフィスを構えるならば、バーチャルオフィスがオススメとなります。初期費用が安く、しかも同都内の一等地の住所地をオフィスにすることができます。今では多くのバーチャルオフィス会社が同都内にありますので、インターネットで検索して自分に合った会社を探すと良いでしょう。
また、口コミ情報サイトも合わせて使うとその会社の評判を知ることができますので、より安心して利用することができます。こうした方法で探していくのが一番効率が良い方法となります。


バーチャルオフィスを東京で借りるなら

東京で起業をする際に、初期費用を安く抑えることができるバーチャルオフィスを利用しようと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。特に土地代が高い東京では、安い費用で都心の一等地に会社の住所を置く事ができるバーチャルオフィスを活用するのは最適と言えるでしょう。
しかし、安いからと言って簡単にバーチャルオフィスを選択すると、のちのち事業を拡大する際や、取引先を得るときなどに不利になる場合もあるので注意が必要です。どのようなことにもメリットとデメリットというものは必ず存在するので、どのような場合に最適で、どのような場合には不適切かなど、メリットとデメリットをあらかじめきちんと知ったうえで、利用するようにしましょう。
また、どのようなサービスがあるかなども利用する前にしっかりと確認しておくと良いでしょう。


バーチャルオフィスを探すなら東京が最適です

コストが安くこれから起業する方にオススメのバーチャルオフィスですが、東京の住所が非常に多く提供されていますので、その中から自分の希望する場所を選んで契約するのが最適です。バーチャルオフィスは実際にオフィスを借りるわけではなく、業務を行うために必要な住所や電話番号などをレンタルするサービスの事で、ここ最近起業を検討している方たちから注目されているサービスになります。
東京に会社の住所があると信用性が高く、商品やサービスの販売にも効果が期待できますので、積極的に利用することをオススメします。
もちろん人気の住所は既に埋まっている可能性もありますので、できるだけ早めの行動を心がけることがポイントです。インターネット上にも役に立つ情報が豊富に掲載されていますので、暇な時間を見つけて自宅のパソコンでチェックしてください。

カテゴリ

PAGE TOP