目先を変えた香り高い輸入スパイスのギフト

   

スパイスは自分が使うだけではなく、ちょっと洒落たギフトに利用しても役立ちます。そもそもスパイスは、価値のある希少品として高値で取引されたり皇帝に献上されたりしていましたので、他人に贈るのは歴史的観点から考えてもごく自然な流れです。外国の料理に興味がある人にプレゼントすれば、気の利いたギフトとして喜ばれることうけあいです。輸入品という響きがプレミアムな印象を与えますので、相手はリッチな気分を味わうと同時に贈った側の心遣いを十分に汲み取ってくれます。他の人とは違う目新しいプレゼントで差をつけたい、または相手が心から喜んでくれるものを贈りたい、そんなときには輸入スパイスやその関連商品をギフトに選んでみてはいかがでしょうか。きっと双方が満足できる、心に残るギフトになります。

詰め合わせや他の食材との組み合わせ

スパイスは一種類だけを使うのではなく、いくつか混ぜて使うことによって味や香りが複雑になり奥行きが出ます。数種類を詰め合わせてギフトにすると、贈られた側も自由に組み合わせて使えるので利用の幅が広がります。余裕があれば、それらの説明や調理法などを載せたかわいらしいカードなどを同封すると、より細やかな心遣いが相手に伝わり素敵なギフトになります。またカボチャやニンジンにはナツメグやクローブ、中華料理には花椒や八角などのようにそれぞれの食材や料理に合うスパイスがあります。もしもお取り寄せや輸入の食べ物をそのまま贈るのでは芸がないと頭を悩ませているならば、それに合うものをチョイスして一緒に添えると、少しグレードアップした気の利いたギフトに昇格します。

スパイスの持ち味を活かした商品

複数のスパイスを使用している料理でお馴染みなのはカレーですが、日本の家庭料理として食べられているカレールウに頼ったカレーは本場のものとはだいぶ違います。そもそもカレー自体が、インドをはじめとしてネパールやタイなど各国それぞれに独自の味わいを持っています。最近は色々な国のカレーがペースト状になって輸入されていますので、自力で調合できない人向けのギフトには丁度いいです。また、アメリカ南部のケイジャン料理やジャークチキンで有名なジャマイカ料理も、いくつものスパイスを組み合わせて調理します。あらかじめ理想的な配合のされているものをギフトにすると、知識がない人でもそのまま抵抗なく使えます。さらに、日本ではあまりお目にかかることのないスパイスたっぷりのお菓子も輸入品ならではで、ギフトには重宝します。